あらすじ


物語は永らく誰も住んでいなかったマンションの一室に一人の少女が引っ越してくることから始まる。

春休みの間だけ越してきたという彼女は17歳の女子高生だった。

明らかに訳ありな彼女は臆することなく堂々とあるく。

「私、援助交際してるんです」

だって日本はロリコンの変態ばっかり。女子高生は無敵。

だから、私を羨まない人間はみんな腹が立つんです。

一人で生きていけるみたいな強い女とか。

その隣に住む一人暮らしの女は、二次元だけが生きがいの喪女(異性と付き合ったことのない女の総称)だった。

とにかく仕事をこなして、ネットの友達とだけ仲良くし、推しに金を使う。

そんな彼女も26歳になり、親からしつこく結婚を勧められ、とっさに彼氏がいると嘘をつく。

言えない、言えないのお母さん。私は男同士の恋愛を見るのが好きなんて。

幸せそうな家庭を見ると自己嫌悪で白目を向く日々。

その隣に住む主婦は最近すべての物事がうまくいかない。

夫は家を空けがち、息子は反抗期。

昔はもっと楽しかったのに。

35歳を噛みしめながら誰にも感謝されない洗濯物をたたむ。

引っ越してきた女子高生を見て、夫が青ざめた。

「もしや彼女と夫は不倫してるのでは」と疑り始める。

17歳、26歳、35歳。

少女と女性と妻は、お互いをうらやみ、お互いを見下し、それでも笑う。

美しいのか。醜いのか。優しいのか。非道なのか。女とは一体どんな生き物なのか。





【日程】

2019/9/22・23・27


【会場】

COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール

(大阪市中央区大阪城3番6号)

告知動画